学部・大学院案内

山口大学医学部・大学院の概要をご紹介します。

理念・目的、目標

大学院医学系研究科

理念・目的

人類の健康の増進に資するために生命科学分野及びその学際領域の研究を推進し、社会や時代のニーズに対応できる専門的な知識と技量、並びに豊かな人間性と高度の倫理観を持つ人材を育成する。

写真:大学院医学系研究科-校舎

目標

  1. 研究分野や専攻分野の枠を超えた体制で生命科学に関する研究を推進する。
  2. 個々の研究の企画、立案、遂行を積極的に支援することにより、特徴ある研究プロジェクトを実践する。
  3. 研究活動に必要な知的情報環境を整備し、研究環境を充実させる。
  4. 研究者及び大学院生に対する支援体制を確立し、研究活動の活性化を図る。
  5. 研究者としての高い倫理性、社会性、豊かな人間性を涵養する。
  6. 生命科学に関わる研究を推進することにより、高度専門医療人を育成し、
    地域及び国際社会に貢献する。
  7. 産・官・学連携体制を強化し、優れた創業を推進することにより、社会に貢献する。

医学部

理念・目的

医学・医療の専門的知識と技術の教授とともに、豊かな人間性を涵養する教育を行い、人間の健康の増進に資する研究を推進し、社会・時代のニーズに応える高度な知識と技量を「発見し」、「はぐぐみ」、「かたちにする」人材を育成する。

写真:医学部-校舎

目標

  1. 医学・医療の変化への対応能力を育成する。
  2. 医療人の社会的役割の変化への対応能力を育成する。
  3. 医学・医療の国際化に対応できる能力を育成する。

医学科

理念・目的

  1. 医学・医療の専門知識と技術を教授し、豊かな人間性を涵養する。
  2. 医学・医療の変化、医師の社会的役割の変化への対応能力を育成する。
  3. 医学・医療の国際化に対応できる能力を育成し、国際的視野に立った医学の発展及び国際交流に努める。
  4. 医学・医療の知識・技術の発展に積極的に貢献し、創造的な人材を育成する。

目標

  1. 豊かな人間性と高い倫理性を持った医師、研究者を育成する。
  2. 問題提起能力及び自己開発能力を育成する。
  3. 実践的臨床能力と先進的医療への対応能力を育成する。
  4. 医学・医療分野での実践的英語能力を育成し、国際交流を推進する。
  5. 知的成果の積極的な公開とその応用を推進する。
  6. 医学・医療の向上を目指して、地域社会との交流を深める。

保健学科

理念・目的

保健・医療の分野において、真理を探究し、人類の幸福と発展に資する知識・技術を「発見し」、「はぐぐみ」、「かたちにする」。

保健・医療の専門的知識と技術の教授とともに、豊かな人間性を涵養する教育を行い、今後の社会の変化に対応しうる医療技術者を養成する。

目標

  1. 医療の変化に対応できる人材を育成する。
  2. チーム医療の一員として活躍できる人材を育成する。
  3. 医療技術の学問体系の確立に貢献できる人材を育成する。
  4. 医療の国際化に対応できる人材を育成する。
  5. 地域医療の向上に貢献できる人材を育成する。

医学部附属病院

理念・目的

  1. 患者の立場に立った全人的医療を実施する。
  2. 将来を担う医療人を育成する。
  3. 世界に発信する先進的医療を推進する。
  4. 地域医療を発展させる。

写真:医学部附属病院外観

目標

医療
  1. 山口県の中核医療機関として、より高度の医療を提供する。
  2. プライマリケア部門を充実し、全人的医療を推進する。
  3. 診療科の枠を超え、全ての領域の専門家が参加する集学的医療(先進救急医療、集中治療、周産期医療、癌の診断と治療など)を実施する。
  4. 先進的医療(移植・再生医療、機能的外科手術、遺伝情報に基づく個人に適したテーラーメードメディシンなど)を推進する。
  5. 地域医療機関との医療連携を推進するとともに、「山口県情報スーパーネットワーク」を利用した医療ネットワークシステムを構築する。
研究
  1. 分子生物学的研究に基づく病因遺伝子の解明及び分子病態学的研究を推進し、新規診断法並びに治療法を開発する。
  2. 組織・細胞レベルの移植・再生医療を推進する。
  3. 機能画像的手法を取り入れた低侵襲医療を開発・推進する。
  4. 大学院医学系研究科との連携により、先進的医療技術や医療機器の研究・開発並びに診断・創薬研究を行う。
  5. 臨床試験の拠点施設である臨床試験支援センターの機能を充実し、臨床研究や新薬の研究・開発を推進する。
教育・研修
  1. ヒューマンサイエンスとしての医学の立場から卒前・卒後教育及び研修を行う。
  2. 患者のQOL向上、チーム医療、医療事故防止、医療経済の理解を教育・研修のキーワードとする。
  3. コンピューター支援教育システムを教育・研修に活用する。
  4. クリニカルクラークシップにより学生の臨床実習を充実する。
  5. 専門医養成のための研修システムを充実する。
  6. 地域医療に携わる医師及びコメディカルの生涯教育を支援する。
  7. 社会への啓発活動として、市民公開講座の開催、患者団体の活動の支援等を行う。

ミッションの再定義