学部・大学院案内

山口大学医学部・大学院の概要をご紹介します。

医学部の歴史・沿革

沿革(山口大学大学院・医学部・病院概要2016掲載分)

昭和沿革一覧
昭和19年4月山口県立医学専門学校設置
22年6月山口県立医科大学設置認可、同時に予科開設
24年4月山口県立医科大学学部設置
26年3月山口県立医科大学予科及び山口県立医学専門学校廃止(学制改革)
27年4月山口県立医科大学設置
附属蛋白化学研究所及び附属産業医学研究所設置
附属准看護婦養成所設置
29年4月山口県立宇部高等看護学校設置
30年4月医学進学課程設置
9月附属病院精神病棟開設
32年4月山口県立医科大学附属高等看護学校設置(山口県立宇部高等看護学校を廃止)
宇部工業高等学校と校地・校舎を相互交換 現在地へ移転
7月学位規定の制定承認(学位審査権付与)
11月附属病院本館2階を病棟に改修、535床に増床
33年4月山口県立医科大学大学院医学研究科設置
34年6月開学15周年記念式典挙行
35年4月山口県立医科大学附属衛生検査技師学校設置
38年10月皮膚泌尿器科を皮膚科、泌尿器科に分離
39年4月山口大学医学部創設(国立移管)
移管第1年次・・・進学課程1・2年、専門課程1年、基礎10講座(解剖学第一、解剖学第二、生理学第一、生理学第二、生化学、薬理学、病理学第一、病理学第二、微生物学、衛生学)及び附属図書館
40年4月移管第2年次・・・基礎2講座(公衆衛生学、法医学)、臨床6講座(内科学第一、内科学第二、小児科学、外科学第一、外科学第二、産科婦人科学)
41年4月移管第3年次・・・臨床5講座(神経精神医学、整形外科学、皮膚科学、眼科学、耳鼻咽喉科学)
42年4月移管第4年次・・・臨床2講座(泌尿器科学、放射線医学)及び医学研究科大学院学生入学定員50名
6月附属病院創設(国立移管)
厚生省収医第248号をもって病院の開設承認(14診療科・病床数750床)
診療科:第一内科、第二内科、精神科神経科、小児科、第一外科、第二外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、産科婦人科、歯科
中央診療施設:検査部、手術部
附属看護学校及び附属衛生検査技師学校を国立移管
内科学第三講座新設(14臨床講座)
43年3月国立移管完了により、山口県立医科大学及び同大学院(医学研究科)を廃止
4月麻酔学講座新設(15臨床講座)
附属病院第三内科新設(15診療科)
44年3月山口県立医科大学の施設(土地・建物)移管完了
4月附属病院麻酔科新設(16診療科)
45年1月附属病院病床数759床に変更
4月附属病院輸血部新設
47年4月文部省令第12号により附属衛生検査技師学校を附属臨床検査技師学校と改称
脳神経外科学講座新設(16臨床講座)
5月附属病院脳神経外科新設(17診療科)
48年3月附属衛生検査技師学校廃止
4月附属病院材料部新設
49年7月附属病院伝染病棟を廃止し、共通病棟と改称
11月創立30周年記念式典挙行
50年4月寄生体学講座新設(13基礎講座)
10月附属病院放射線部新設
附属病院「歯科」を「歯科口腔外科」と改称
51年5月文部省令第18号により附属病院に看護部設置
生化学講座を生化学第一講座と生化学第二講座に改組(14基礎講座)
10月附属病院理学療法部新設
52年10月附属病院分娩部新設
54年10月医療技術短期大学部設置
55年4月附属病院事務部3課制(総務課、管理課、医事課)に改組
附属病院集中治療部新設
56年4月歯科口腔外科学講座新設(17臨床講座)
医学部附属動物実験施設新設
57年4月附属病院救急部新設
文部省令第4号により附属看護学校廃止
58年4月臨床検査医学講座新設(18臨床講座)
医学部及び附属病院事務部を統合し、医学部事務部(総務課、管理課、学務課、医事課)に改組
文部省令第9号により附属臨床検査技師学校廃止
59年9月創立40周年記念式典挙行
62年5月「麻酔学講座」を「麻酔・蘇生学講座」と改称
63年4月附属病院神経内科新設(18診療科)
ページのトップへ
平成沿革一覧
平成元年5月附属病院「麻酔科」を「麻酔科蘇生科」と改称
2年6月附属病院総合診療部新設
10月附属病院総合治療センター設置
附属病院母子医療センター設置
5年4月神経内科学講座新設(19臨床講座)
母子医療センターを廃止し、周産母子センター設置
6年1月特定機能病院の承認
4月医学進学課程と専門課程の区分を廃止し、6年一貫教育を実施
6月救急医学講座新設(20臨床講座)
11月医学部創立50周年記念式典挙行
7年4月専門教育に単位制を導入
8年3月山口大学大学改革により教養部廃止
5月医療環境学講座新設(15基礎講座)
医療情報部新設
9年4月新中央診療棟の竣工
附属病院病理部新設
循環器科、診療内科、アレルギー科、心臓血管外科、リウマチ科設置
病院院内学習室(院内学級)設置
5月医学部50周年記念会館「霜仁会館」竣工
8月寄付講座(生体機能防御学講座)設置
11年4月附属病院救急部を廃止し,先進救急医療センター設置(文部省)
6月寄附講座(分子脈管病態学講座)設置
10月附属病院結核病床15床を一般病床に種別変更
救急救命センターの設置承認(山口県)
12年3月高度救急救命センターの設置承認(山口県)
救急外来の新設
4月医学研究科の5専攻(生理系,病理系,社会医学系,内科系,外科系)を4専攻(高次統御系,器官病分子制御系,環境情報系)に名称変更・再編
10月保健学科設置
看護学専攻…基礎看護学講座,臨床看護学講座,母子看護学講座,地域・老年看護学
臨床技術科学専攻…基礎検査学講座,病態検査学講座
13年4月医学科で講座の再編成(35講座から13講座へ)
医学研究科に応用医工学系(独立専攻)設置(学生入学定員:博士前期課程37名,博士後期課程16名
附属病院治験管理センター設置
寄附講座(眼病態学講座)設置
15年4月附属病院光学医療診療部設置
山口大学教育研究施設の再編に伴い,附属実験施設(附属動物実験施設,RI実験施設,実験実習機器センター)を山口大学総合科学実験センターに統合
16年3月山口大学医学部総合研究棟竣工
4月国立大学法人へ移行
7月栄養管理室を附属病院栄養治療部へ改組
17年4月「山口大学大学院 医学研究科」を「山口大学大学院 医学系研究科」に改称
同研究科に保健学専攻(修士課程)設置(学生入学定員:修士課程12名)
18年3月保健学科にHonor Society of Nursing, Sigma Theta Tau International(STTI)支部設置
4月山口大学大学院医学系研究科再編(医学系研究科に応用分子生命科学系専攻の設置)
附属病院に外来腫瘍治療部設置
附属病院に感染制御室設置
9月病床数737床に変更
10月附属病院腫瘍センター設置
19年1月附属病院が山口県がん診療連携拠点病院に指定
4月医学系研究科に保健学専攻(博士課程)設置
附属病院の病床数736床に変更
6月附属病院で消化器科、呼吸器科、呼吸器外科、小児外科設置
9月附属病院高度救命救急センターの改修
20年2月医学系研究科附属修復医学教育センター設置
5月附属病院臨床検査科設置
12月病院機能評価(Ver5.0)認定
21年2月 附属病院が山口県肝疾患連携拠点病院に指定
4月寄附講座(造血制御学講座)設置
6月附属病院にクリニカルスキルアップセンター設置
10月附属病院に肝疾患センター設置
22年4月寄附講座(地域医療推進学講座)設置
寄附講座(分子代謝制御学講座)設置
附属病院に放射線治療部設置
放射線治療学分野設置
23年1月附属病院でドクターヘリ運航開始
4月附属病院が総合周産期母子医療センターに指定
10月 医療人育成センター設置
24年3月地域医療教育研修センター竣工
25年2月附属病院放射線治療科設置
10月「修復医学教育研究センター」を「再生医療教育研究センター」と改称
26年4月「細胞シグナル解析学講座」を「免疫学講座」と改称
「臨床試験支援センター」を「臨床研究センター」と改称
附属病院が二次被ばく医療機関に指定
病院機能評価(3rd G:Ver.1.0)一般病院2認定
附属病院病理診断科設置
6月附属病院救急科設置
27年2月附属病院リハビリテーション科設置
4月「救急・生体侵襲解析医学講座」を「救急・総合診療医学講座」と改称
医療環境学講座を廃止
総合診療医学講座を廃止
医学教育学講座新設
呼吸器・感染症内科学講座新設
附属病院入退院センター設置
附属病院「感染制御室」を「感染制御部」へ改組
附属病院「医療安全推進室」を「医療安全推進部」へ改組
外来診療棟横立体駐車場竣工
9月難病対策センター開設
28年3月緩和ケアセンター設置
寄附講座(地域医療推進学講座)終了
4月山口大学大学院医学系研究科の5専攻(システム統御医学系専攻、情報解析医学系専攻、応用医工学系専攻、応用分子生命科学系専攻及び保健学専攻)を2専攻(医学専攻及び保健学専攻)に再編、講座名改称多数
寄附講座(先端がん治療開発学講座)設置
附属病院「病理部」を「病理診断科」と改称
附属病院地域医療システム学研究センター設置
10月附属病院保育所新営
29年3月附属病院地域医療システム学研究センター廃止
4月「環境保健医学講座」を「システムバイオインフォマティクス講座」と改称