広報

シンポジウム 人工知能・システム医学による難治性疾患への新たな挑戦

プログラム

日時・場所

日時: 2017年6月24日(土)14:00

場所:ANAクラウンプラザホテル宇部「万葉の間」

第一部:基調講演

14:00-14:05 挨拶 山口大学長 岡 正朗
 
14:05-14:10 挨拶 山口大学大学院医学系研究科長 谷澤 幸生
 
14:10-15:10 北野 宏明 沖縄科学技術学院大学 教授 
       システムバイオロジー研究機構 会長
「人工知能による医療革命」
15:10-16:10 桜田 一洋
       理化学研究所 医科学イノベーションハブ推進プログラム 副プログラムディレクター
       兼 健康医療データ多層統合プラットフォーム推進グループ グループディレクター
「オープンシステムサイエンスに基づいた予測と予防の個別医療」
16:20-17:20 浅井 義之 山口大学 医学部 教授
「山口大学発の多階層システム医学プラットフォームを目指して」

第二部:講演

17:30-17:45 石田 博 山口大学大学院医学系研究科 教授
「臨床研究につながる診療情報システムと情報収集の現状と今後」
17:45-18:00 松野 浩嗣 山口大学大学院創成科学研究科(理学)教授
「大腸菌の生存戦略におけるグリコーゲンの役割」
18:00-18:15 浜本 義彦 山口大学大学院創成科学研究科(工学)教授
「離散Bayes識別則による個別化医療」
18:15-18:30 前田 健 山口大学大学院連合獣医学研究科 教授
「細胞システムを巧みに利用するウイルス」
18:30-18:45 並木 幸久 ブラケアジェネティクス代表取締役社長
「健康AIによる高精度ヘルスケアと第4次産業革命」

パンフレット

シンポジウムパンフレット シンポジウムパンフレット[PDF]

申込み・問合せ先

本シンポジウムは無事終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

お問い合わせ先
E-mail
me-info@yamaguchi-u.ac.jp